nekoHiromi’s blog

ITエンジニア(自称)です。半年で12kg減のダイエットに成功するも、今現在は6kg位リバウンド。今現在はソレを元に戻し中。運動嫌いのヒッキーですが、2022年の目標は体重52kg位に落とす、軽い運動習慣をつける!です。

引っ越しの梱包、お片付けのハナシ

 いよいよ明日お引っ越し。よく考えずに梱包していったせいで色々と失敗が。。。工具、紐、セロテープとかの小道具系は普段余り使わんので速攻梱包してしまったが、あったほうがよかった。

 ドライバーがなくて洗濯機のアースが抜けず。蛍光灯取り外しは業者やってくれるのでドライバー位持ってくるとは思うものの一応連絡しといた。

 ガスの元栓とホースがへばりついてしまっていたので、マイナスドライバー、ヘラ的なモノが欲しかった。ピンセットはまだ手元にあったので、それを元栓とホース間に入れ込んで、剥がしていったら抜けた。どうしても抜けない場合は切れば良いらしいが。

 爪切りもなく、爪も折れそうになってきたので化粧バサミで切った。左手で右利きバサミの難易度がかなり高かったが、なんとか爪を切ることができた。下手すると、ケガするので全くおすすめしない。笑

 冷蔵、冷凍庫はいい感じで空に出来そう。これは二週間の車無し生活時に充分な食料を買いに行けず、在庫を消化する日々が続いていたおかげだ。その時、車があったらこんなにキレイに冷蔵庫を空に出来なかったと思う。まぁ棚からぼた餅というか、不幸中の幸い?だ。

 とまぁ、行き当たりばったり、計画性のなさを痛感。深く考えずに、やっちゃえ的な事して何回も失敗しとるが、全く治る気配ナシ。汗

 今日は疲れたわ。明日も頑張らないと。朝早く起きて最終品の梱包をせねば。

以上。

世捨て人

 昨日の朝、コミュファ撤去。スマホのみでオンライン生活。テザリングすれば良いんだけど、なんとなく節約でスマホでしかネット接続しない生活を送っている。

 元々テレビは見てなかったが、ユーチューブやアマプラ動画すら見ない生活をしている。SNSは見てるけど、チェック頻度はかなり減らしてる。オンラインジャンキーだった私には大分ツラいものはあるが、あと2日我慢する予定だ。

 デジタルデトックスしているようだが、アマゾンミュージックとかポッドキャストラジオとか音声コンテンツを聞いたり、オフラインでSwitchしたり、アイパッドでお絵かきしたりしてヒマを潰している。

 そう、暇を持て余している。忙しいのも辛いが、暇もキツイものがある。ヒマを楽しむ、幸せ〜と感じられれば、人生怖いものなど何もない、楽に生きられるのではないだろうか。

 今は車が戻って来ているが、二週間車無し生活も体験した。地方都市とはいえ、この車社会の静岡県で、体力衰えた中年が、残暑厳しい時期に車無し生活を営むのは本当に辛かった。よく耐えきったと自分で自分を褒めたい。笑

 とまぁ、この一ヶ月、当たり前に使っていたものを失う体験が続いた。改めて、文明の利器の偉大さと、普段の自分がいかに恵まれていたのかを認識させられた。

 失わないと、ありがたさ、幸せって感じないのかもね。逆に言うと、普段から身軽だと失うも物も少ないので、喪失を感じないとも言える。

 何はともあれ身の回りのモノを大切に、大事にしましょう!

以上。

引っ越しウツ

 引っ越しまであと数日。今週から段ボールへの積み込み作業開始。意外と量が多い。もう10箱くらいになってる。引っ越し日までに間に合うか不安だったけど、なんとかなりそう。

 昨日頑張り過ぎたせいで、あまり眠れず、今日は調子がやたら悪い。さらに手当たり次第パッキングしていったせいで、四面楚歌になっている。タオルが足りない。なんで使ってるタオルまで入れてしまったのか。まぁそれはなんとかなる。最悪買ってもよし。それよりも今、猛烈に爪が切りたいが、段ボールに詰めてしまった。なんで爪切ってからにしなかったのか。もはやどの箱に入っているか、検討もつかない。爪切りは購入するの嫌なので、仕方がないがあと数日耐え忍ぶしかない。

 まだめんどくさい作業が残っており、ウツです。良いことといえば、仕事に関しては明日が終われば、一週間お休みです。今ある面倒くさいタスクを保ったまま、消化するのが後ろ倒しになるだけですが、束の間の現実逃避ができます。とりあえず、明日一日仕事頑張ったら引っ越し作業に専念です。

以上。

怒りが収まる

 ここ一週間、恒常的な怒りに困っていたが、ようやく怒りが収まったように思う。

 なぜ収まったかと言うと、この怒りがどうにも耐えきれず、友人に話を聞いてもらったり、友人の意見を聞いたりしているうちに、許してもいいか(?)と思えたのだ。これといった決定打があった訳ではなく、会話全体を通してそういう判断に至った。会話初めは、許すなんて絶対に不可能と思っていたのに、突然許してもいっかと思った。

 考察するに、そもそも私が怒りを抱いていた対象の人物が、私の嫌いなタイプではない、むしろ好ましいタイプの人間であった事が大きい。私に悪意を持ってor意図的にダメージを与えた訳でない事はわかっていた。しかし、下手すれば私が死ぬレベルのダメージだったため、怒りを抑える事ができなかった。

 思い返してもダメージは大きすぎたが、これによって学んだ事も大きかった。これがなければ、私はもっと痛い目に遭っていただろう。それこそ最悪な死に様or生き様になった可能性がある。

 自分の目の節穴さも思い知った。後から思い返せば、不穏なサインはいくつもあった。しかし、そのサインをことごとくスルーしてしまった。本当に愚かだった。なぜ、その違和感を感じた時、アクションを起こさなかったのか、今となっては悔やまれる。小さな違和感でも無視してはいけない。違和感、疑問は都度潰すべきだ。

 私は個人主義で人間関係を希薄にしがちだったが、そのないがしろにしていた人間関係に助けられ、ありがたさを知った。人間関係は大事にしないといけない。自分一人ではどうにも解決できない事がある、他人の助けがなければ生きぬくことができない事を思い知った。

 さらに私は神も仏もないがしろにしていたが、見えないものに助けられた気もしている。そんなわけで、科学とは真逆の物、畏敬の物も大切にする。宗教活動(?)、精神活動含め、大切にしていく。

 とまぁ、ダメージを受けた事象と数少ない私の身の回りの人間関係のおかげで、考え方を大きく変えられた。私の場合、痛い目をみないと考え方を変えない、変えられないので、そいう意味では良かったと思う。

以上。

車が戻ってきた

 暑い時期に車なし二週間辛かった。

 ディーラーが言うには、リコール修理の交換部品が不良でそれを交換したと言っていた。部品メーカに原因を問い合わせていて、なんちゃらかんちゃらほげほげ言っていた。自分達に非がないとのアピールだったのだろうか。私もその手は使うが、そんな事私は知らんがな。

nekohiromi.hatenablog.com

 今回の修理に伴う費用は発生しないと、それだけで済ますらしい。電話2回、今回直接1回文句言ったが、ほぼ謝罪なし。電話の時に1度だけ、若干非を認めたかなって感じ。自分達は悪くないと思っているのか、謝るなと指導されているのだろうか。とにかく、怒りが収まるはずもないので、またこちらの損害をサクッと話して、ただ車返すだけでは済ませられない、納得できないので弁護士に相談するわ的な事を言って去ってきた。

 なお、今回はディラーが車のガソリン入れたと言っており、またもや満タン表示だった。すっからかんからの満タンだと6000円強はかかったのかなぁ?とはいえ、満タン表示は信用できない。この車気に入っていたのに、車も信用できない。ディーラーの言う事、人間も信用できない。何もかもが信用できない。汗

 普段は高速道路を使う所、さすがに今日はリスキーに感じ、珍しく下道で帰ってきた。50km以上走ったけど、まだメモリは満タンだ。高速なら流石に一メモリ位減るはずだが、今回は下道でアクセルやんわりでゆっくり走ってきたので、メモリが減るかは微妙なラインだ。満タン表示がこんなに不安になるなんてなぁ。普通満タンって安心感を与えるものでしょう?私はもはや満タン表示が不安なのです!

 無事帰ってきて一息ついてから、ホンダにクレームを入れた。あらゆる人に愚痴りまくり、何度も状況説明しているので、説明が洗練、簡素化してきている。リコール修理のせいで事故りそうになる、死にそうになるって洒落にならん、危ないにも程があるわ的な事を言っといた。

 んで、法テラスに相談してみた。電話だけでなく、メール相談もあり、良さげな弁護士を紹介してもらえるらしい。フリーダイヤルは混み合ってたり、ナビダイヤルは繋がるかもだけど通話料高めなので、メールしてみた。メール相談って便利だねぇ。レスポンスは遅そうだけど、まぁ急いでないし。とりあえず、どんだけぼれるか(?)、収支がプラスになりそうなら、面倒は面倒だけど、訴訟してみるのも私はアリと思っている。

以上。

仏の道は遠い

 ここ最近は恒常的な怒りに困っている。絶不調の時というのは、怒るほどのエネルギーはないので、怒れるだけ元気になったという証拠ではある。しかし、この怒りが厄介で、ぶり返しては収まりぶり返しては収まりをずっと繰り返している。

 具体的に何に怒っているのかは明言を避けるが、単一ではない、複数だ。精神的な大打撃と、肉体的ダメージを与えられそうになりつつかつ金銭的ダメージを与えられた事が大きな要因だ。自分にダメージを与えた事が許せないのだ。自分にも悪い点はあったろうが、相手の落ち度が大きいと思っている(相手は小過失と思っているだろうが)。

 このダメージを与えた対象に、私がダメージを与えられた所で、私にはそれに見合う程のメリットはないのだが、ムカつきすぎてダメージを与えたい気持ちや衝動が中々おさまらないのだ。

 私もできれば面倒ごと、争いごとは避けたいため、少しでもこの怒りを抑えるために瞑想やさまざまなリラックス法を試していた。しかし、未だ私の怒り、煩悩を消す事はできていない。段々と小さくなってきてはいるものの、完全に昇華しきるにはまだまだ道のりが遠い。

 実際に争うかはわからんが、自分の怒りは伝えきらないと治らないのかもしれない。ちょいちょい伝えたつもりだが、全部言い切ってないからなぁ。それにしてもやっぱり自分を傷つけ、損害与える奴なんて許せるはずなかろう。

以上。

リコール修理のせいで死にそうになったハナシ

 やはり突然の走行不良の原因は推測どおりだった。

 先日1号線で追い越し車線を走っていたら、突然アクセルが効かなくなり、明らかに車に異常を感じた。運良く、ちょうど出口分岐付近だったため、惰性でそちらの方へ進み、分岐途中の路肩になんとか停める事ができた。ガソリンは満タン表示、バッテリーランプとオイルランプが点灯していた。どうにもそこから走行できそうにないので、JAFに連絡し、夏の夕方残暑の中、蚊に刺されつつ、車がビュンビュン走行するのをただただ眺めながら、外で1時間ほどJAFの到着を待った。

 その場は狭く、車も多く通るため、そこで修理はできず、広い場所までレッカー移動した。そこでJAFの人に故障原因を見てもらうも、バッテリーの問題ではない、エラーコードも出ておらず、原因がわからないと言う事で、その場修理が不可能なため、ディーラーへレッカー移動することとなった。移動中、JAFの人が、もしかするとガソリンメータが異常で、ガス欠だったかもしれない、ガソリン携行していたのでそれ試した方が良かったと言っていた。そうだったとしてもメータがおかしい事には変わりないので、どのみちディーラー等で修理が必要と言っていた。

 その時はそんなわけないと思っていたが、車をディーラーに預け、家に帰ってから思い返すと、1ヶ月前に車のリコール修理をしており、その時からずっとガソリンメータが満タン表示だったことに気がついた。確かに、あの日以来私はガソリンを給油しておらず、ガス欠になってもおかしくない事に気づいた。突然アクセルが効かない現象とも辻褄があう。

nekohiromi.hatenablog.com

nekohiromi.hatenablog.com

 私はガス欠が原因と確信した。ほぼ週末ドライバーとはいえ、1ヶ月間もガソリンメータの異常に気がつかず、ガソリン給油していない事にも気がつかず、東名高速道路や国道1号線、交通量の激しい道路を走っていたのだ。下手すると、他人を巻き込んで自分も死んでいたかもしれない。そう思うと恐ろしくて恐ろしくて、完全に精神をやられてしまった。走行中、突然アクセル効かないだけでも恐ろしいのに、真相を考えるともっと怖い話だったのだ。

 この1ヶ月間、私の車の使い方が少しでも違っていたら、どこで私は走行不良になっていたのだろうか。。。これらの事実の怖さは思った以上に深刻で、私は2日も会社を休んでしまった。今は普通に仕事できるまで回復したが、今なお食欲不振と気持ち悪さは継続中だ。

 昨日、ディーラーに走行不良となった経緯を話しつつ、私の車は新車で購入して3年目位なので、走行不能になった原因はリコール修理ミス、もしくは車両不具合を疑っていると伝えた。その推測が正しければ、少なくともホンダにクレーム入れるし、それによる私の損失が甚大なため、原因とそちらの対応次第では訴訟の可能性すらあると伝えた。

 そして今日が車を見る約束の日だった。営業終了1時間前に私が待ちきれず電話した。原因はやはり推測の通りだった。ガス欠であった事、リコール修理に問題があったとのこと。明日か明後日には部品交換し、車を返せるかもしれないとのことだった。非を認めて謝っていたが、車修理して終わりにしそうな感じがした。そこで私は、もはや車に乗るのが怖くなっているが、この一週間、車がなくとても不自由していること、再度訴訟の可能性すらあると伝えて電話を切った。

 少なくともレッカー代、1週間車がないことによる手間暇と費用、トラウマ甚だしいので精神的苦痛も請求できればしたい所だ。向こうが車の修理だけして終わりにするつもりなら、もはや訴訟せざるを得ない。自分がガソリンメータ異常に気がつかなかったのが悔しいし、落ち度はあるとは思うが、私にはガソリンメータが壊れ、満タン表示でもガソリン空という事があり得るという発想がなかった。

 この件は最悪、他人を巻き込んで自分も死んでいた可能性すらあるので、雑に幕引きするつもりならもはや許す事ができない。そうなったら、弁護士に相談し、費用対効果を聞いて、やるかやらないかを判断をするつもり。

以上。